腐女子になりたい。

腐女子でなくなってしまったヲタク女が、腐女子に戻りたい思いの丈をつづる為に始めたブログです。

腐女子だけど『ボーイズラブ』は苦手です

腐女子復帰前に考えていた記事です。なのでこの本文中の私は腐女子ではありません。

けっこう前2011年7月だったかにツイッターで「BL嫌いの腐女子」というのがトレンドにあがっていて「なに言ってるんだ」って感じになったことがあった。
腐女子っていうのは男同士の恋愛関係が好きな女のことだから、BLが嫌いな腐女子はありえない。
のだが、もしかして自分は「腐女子だけどBLは苦手」なのかもしれないと思ってしまった。
といっても、本当にこれは個々の腐女子の定義に当てはめたら、ということでただの与太話だと思ってほしい。

まず、私は男同士の恋愛に萌えない、どころか最近は「いや別にそんななんでもかんでもホモにしなくても」と若干引くくらいまでになっていて、昔「ほもーーーーーー!!!」とすぐ叫べていた自分が懐かしくなっている。
じゃあ男同士が親密になっていたり、いつも喧嘩してるライバルが一時的に協力したり、とにかく昔だったら「ホモーーーー!」と萌えていたことに対して萌えを感じなくなったかというと、そうではない。すっごく萌える。いわゆるブロマンスというやつだ。男同士の恋は苦手だけど濃い関係は好きなのである。

すると、ある日友達に言われた「それが腐女子って言うんだよ」と。
だから私が毎日「腐女子になりたい;;;」とツイートしてるのを見て「おまえはなにをいっているんだ」という気持ちになっていたと。
友達の定義で言えば「男同士の関係性に萌えていれば腐女子」となるわけで、そうすると私は「男同士の恋愛関係は苦手な腐女子」という、まさに「腐女子だけどBLは苦手」という存在だった。

「男同士の関係性に萌える」のは、確かに腐女子にとっては大切なことだ、というかむしろ大半がそこからスタートだと思う(まったく関係のないキャラ二人のカップリングに萌えることができる人もいるのが腐女子でもあるけれど)。
どうして私は、スタートラインに立てるのにゴールできないんだろう。恋愛関係まで妄想に至れない? 作品そのものに萌えて満足してしまっている。

このような、BL苦手だけど男同士の濃い関係には萌えるっていう人も、居るんだろうか。いたら腐女子でないか腐女子なのか、どっちだと思われてるんだろう。私はどっちなんだろう。